ダッジ デュランゴ修理

ダッジ デュランゴ修理

今回は、3月に納車したデュランゴのフロントブレーキキャリパーのオーバーホールです。
お客様からブレーキから煙が出ていると連絡があり、レッカーにて引き上げ行きました。
点検の結果、ダストブーツ破損によるシリンダーの腐食が原因みたいです。
DSCF0801.jpg
DSCF0805.jpg
ダストブーツが破れ、ここから水が侵入してピストンやシリンダーが錆びてしまいます。
DSCF0802.jpg
紙ヤスリでピストン面とシリンダー面の錆を落とし、組み上げていきます。
車体に取り付けて、エアー抜きをして試運転をすれば終了です。

COMMENTS

*
*
* (公開されません)