お問い合わせ番号: 44375

92y ダッジバンの修理続き

92y ダッジバンの修理続き

Oさんの92y ダッジバンは、各部を組み立て動き出しました。

フロントブレーキ周りはベアリングを清掃し組み付けですが、
入っているはずのワッシャーが入っていなかったり。

ローターハブシールは脱落状態にあったり・・。
新品交換といきたい所ですが、ひとまずそのままで試運転など繰り返したのちに考えます。

コイルスプリングのインシュレーターは潰れていますので新品交換しました。

ストラットロッドのフレーム側は、ブッシュが潰れてガタが大きい状態で走行し続けた事により穴が広がってしまい、ロッドの方も削れてこのままだと良くないので、

完璧には無理ですが溶接で修理済みです。
ロッドは中古パーツに交換済みです。

タイロッド、アイドラアーム、ドラッグリンク、アッパーアーム、ロアアームなどすべて新品交換。
年式が92yで走行距離もメーター上で22万マイルなのですべて交換しないとどうしようもなかったです。

エンジンは95年式ダッジバンの物で、

トランスミッションはもともと3速でしたが、今回4速に変更し色々と調整中でもう少しで完了予定です。
Oさんのダッジバン。まだまだ修正が必要な箇所が多く・・お時間が掛かりそうです。

90年代のダッジバンが久々に揃っています。

Oさんの96y ダッジバンはATオイルが漏れるのでシフトリンケージのシール交換です。
最近多くなってきたATFトラブル。
年数が経過し漏れる量がかなり多くなってきたダッジバンを最近よく見ます。

北海道S様のダッジラムメガキャブはATオーバーホールの最中です。

2速は焼けてバンドも減って変速不良です。

経過をまたご報告させて頂きます。

平日昼間はこんなに巨大な2台のタンドラが揃い・・

圧巻でした!

業者様より修理依頼のダッジバンのブレーキ、ABS警告も、

プログラム済みで消えています。

Tさんの02y ダッジバンはお預かりしたタイミングでバッテリー上がり。
バッテリー、IACバルブの2点を交換し、
フロントキャリパーのブーツが硬化していたので左右交換。

リアデフオイルも。

所有されてから13年で初交換なのでしっかり汚れていました。

これでまた1年順調に過ごせるといいですね。
車へ愛情を注ぐとお金がかかりますが、乗っていくためには必要な事です。

COMMENTS

*
*
* (公開されません)