2001y ラムバンB2500下地作業

2001y ラムバンB2500下地作業

鈑金塗装を担当している杉浦です。
S様の01yラムバンご納車前の全塗装。作業を開始しました。
ボディ全体をサンディングする前に各部品を取外します。

ラムバンで時々見受けられるリフトのかける位置を間違えて凹まされたステップを鈑金。

物凄く固い部分なので鈑金するのが大変です。


全塗装をするのでボディ全体の凹みを補修。

引っ張り出したりハンマーで叩いて形を戻していきます。
ハンマーの掛ける位置でボディパネルの戻り方が変わってくるので調整しながらやります。
何回も重いハンマーを振りかざしたので腕がパンパンです。

左ハンドルのラムバンなど車体の大きいアメ車は右側クオーター下の方は気を付けないと巻き込んでぶつけやすい所ですね。
現車も軽微ですが凹んでいたので修理します。
鈑金はスタッドで凹みの深い部分から順に引っ張り出します。

パテが厚過ぎるとパテ割れの原因になるのでなるべく厚くならないように削って形にしていきます。

一枚ドアのハンドル部分は重量もあって開閉の時に力が加わるので特に気を付けないといけません。

全体的に過去の大きな鈑金修理は無さそうな良いボディパネルの状態です。
やはり車はベースが大事です。

鈑金した部分との境い目が分かりにくくなるように鈑金した部分は先に1回目のサフェーサーを入れておきます。

屋根からボディ全体のサンディング開始です。
予想はしていましたが、元々のやれた塗装をあまり削らずに白が塗られているので塗膜が厚く削るのがすごく大変です。
パネルは凹みも少なく良い状態。
再塗装すればピカピカになります。

下地作業は仕上りにかなり影響する重要工程なので全身粉まみれになりながらしっかりやっていきます。
塗装剥がしには数日かかります。

こちらは鈑金作業では無いですが、僕が行っているガラスの飛び石傷の修理を紹介。
自社のレンタカーのフロントガラスリペアをしました。

修理後はほとんど分からなくなりました。
飛び石は放置するとヒビが広がってガラス交換になってしまう可能性があるので早めのリペアをお勧めします。場所によっては出来る部分と出来ない部分がありますが一度ご相談ください。

~お知らせ~

ただいま車両の買取を募集中です!!

※お問い合わせを頂きましたら必ず返信します。
数日経っても弊社よりメール返信の無い場合はメールが届いていない可能性もありますので、
お手数をお掛けしますが0562-91-0020までお電話ください。

在庫車が無いので、ぜひ売却される方はお声かけ下さい。
ダッジラムトラック、ダッジラムバン、他メーカーのアメ車のトラック、バンや新車並行車、ターボディーゼル搭載のアメ車、巨大なデューリー等。

有限会社 booget TEL 0562-91-0020 MAIL wave@booget.com

お電話やメールでぜひお問い合わせお待ちしております。
LINEでの写真査定も可能です。
遠方でもぜひお問い合わせください。

〒 470-1101
愛知県豊明市沓掛町西田56-3
有限会社 booget
TEL 0562-91-0020
MAIL wave@booget.com
PM12:00~PM20:00
定休日 月曜日 第一、三火曜日

COMMENTS

*
*
* (公開されません)