お問い合わせ番号: 44679

エンジンチェックランプ点灯中のダッジマグナム

エンジンチェックランプ点灯中のダッジマグナム

車検で入庫の2005y ダッジマグナム 2.7L。
オーナー様も非常に調子が悪いとの事でした。

エンジン回転にもかなりばらつきが出ています。

トラブルコードも出ていますが、

エンジンチェックランプが点灯しません。
多分球が抜かれています。

ストラットロッドのブッシュ切れやタイロッドエンド、アッパーアームブーツなど、
あちこちが劣化しています。

プロペラシャフトのカップリングもひび割れてきていますので、ちぎれて走行不能になる前に交換を・・・。

でも今回の不具合はこれだけではなく結構費用が掛かりそうなのでオーナー様のご意向で売却となりそうです。

業者様からお預かりしていた2009y ダッジチャージャーは灯火の改善をして車検が受けれるようになりました。

サイドウインカーの取り付け。

真っ赤だったテールもウインカーはオレンジに。

ご依頼ありがとうございました。

先週近所で開催のアメマガミーティング帰りにIさん寄って頂きありがとうございます。

最近トラキャンを入手したKさん。

ラム1500だと日本での積載量はたった100キロ~300キロ程度しかないのでアメリカンなトラキャンは積載オーバーで使う事になるのが難点ですが、
Kさんの2006yダッジラムトラックはクアッドキャブですが、ラム3500なので積載量も1トン以上取れていますので安心して使用できますね。
今年も一緒にジェットに行くときにはこの空間をみんなの休憩スペースとして提供してくれるはず?ですね(笑)

Sさんのラムバンは車検を通過し、

コテコテだったエアフィルターを交換済みです。

車検で入庫の99y フォードF150はスタビエンドリングのブッシュが脱落しガタガタに。

急遽部品のあった社外リンクに交換済みで、

ゴールデンウイークも使えそうで良かったです。

Aさんの09y ダッジラムトラックも車検で入庫し、

フロントブレーキパッドの交換。

ギリギリでしたね。

Kさんの95y ダッジラムトラックは漏電のチェック。
1週間乗らないとすぐにバッテリーが上がるようです。
エンジンを停止しても常にキーのライトが点灯しています。
これではバッテリーが上がるのももちろんですが、

案の定、1Aが常に流れている状況で、
17番の15A IODに関連していることが判明。

原因は95年当時ものの社外カセットデッキの内部不良でした。

USB付きのCDデッキに交換し問題解決です。

ダッシュボードの奥底の配線等の不良じゃなくて一安心しました。
マフラーが連休前に到着しないのでお返しは連休以降ですがお願いします。

タイヤが減ってきたので交換で入庫のダッジバンは、

右のタイロッドエンドインナーアウター共に危険なガタを確認しましたので、
オーナー様に連絡中です。

COMMENTS

*
*
* (公開されません)